うさ日記

あるがまま。

緩慢な自殺

恥ずかしい話を白状すると、最近になって煙草をはじめた。

おそらく、この歳から吸い始めるのもかなり珍しいんじゃないかしら。
理由は特にない。
強いて言えば、ストレスからの回避?
そんな大層なこともなく、なんとなく思い立って。
でも結局背中を押されたのは「喫煙は緩慢な自殺」という言葉の魔力だろうか。

今すぐ死にたいほど強い絶望はないけれど、さしあたって人生に希望もない。
そんなわたしのような人間には、かなり魅力的に響く言葉。

元々は喫煙がもたらす健康被害に警鐘を鳴らすためのキャッチコピーだそうで、後日それを知ったときにはあまりの皮肉ぶりに笑ってしまった。。

痛くも痒くもない行為が、ゆっくりとゆっくりと死に追いやっていく。
そこに意味はない。
ああ、ニヒリズム
なんちゃって。

ちなみに、わたしが飛びついた銘柄は、もちろん(!)
ラッキーストライク

f:id:uzami:20170529220528j:plain

リラックマのライターとのちぐはぐな組み合わせも、なかなか、気に入っている。

吸うなら絶対コレ!と最初から決めていた。
だって、ラッキーには、甘酸っぱーい恋の思い出が葉っぱと一緒に詰まっているから。笑

煙草に火をつける度に、昔の恋人の香りに包まれるなんてステキじゃあない?
あれ?ちょっとロマンチストが過ぎるかい?

胸ポケットからすっと出てくるこのソフトケースが、最高に渋くて素敵だったんだー。

あんまりホッとする香りだから、吸ってみたい、とねだる度に「体に悪いからやめとけ」って言われてたこの煙草。
調べてみると、天国にいちばん近いタバコと言われて、これを吸ってるやつは早死にする、なんて俗説もあるらしいけど。
それにしたってこの香りの魅力にはかなわないよー。

お味は「殺伐とした」なんて形容される、いわゆるキツイ部類に入るらしい。
でも、ゆっくり、やさしーく吸ってあげると、こっくりまろりーんとしたやさしいお味。
なんかもっとロックなイメージだっただけに拍子抜け。
勢いよく吸うとたしかにガツっとくるかな?
そんなこんなで色々試しながら、喫煙ライフを楽しんでいこう!

と、思ったら。。。
いざ喫煙者になってみると想像以上の肩身の狭さに驚いております。

仕事の休憩時間に一服して癒されたいのに、職場でいざ実践しようとすると、「えっタバコ吸うの!?」みたいな視線が厳しいのなんのって!笑

耐えかねて、わざわざ会社の外の喫煙所まで最初のうちは移動してたけど、所詮は会社のすぐ近くだし、誰が見てるか分かんないし…なんて考えているうちに、癒しよりも他人の目を気にするストレスが上回ってしまうという。

もう完全に、他人の目が気にならない自宅のベランダでのんびりと吸おう、と心に誓った矢先、今度はいわゆる「ホタル族」による受動喫煙の訴訟のニュースを目にして、八方塞がり。
ヽ(;゚;Д;゚;; )ギャァァァ

とりあえず今はベランダーとしてマイペースに活動中。

〔後悔のないように、やりたいことは思いつく限り全部やってみる〕を残りの人生の目標に掲げたはいいけれど、前途多難なご様子でございます。

無欲の勝利?

今年のGWはHTBのグッズショップに行くため、わざわざ静岡まで遠征して来ました!

開店の時間に合わせて行ったんですけど、

f:id:uzami:20170510191811p:plain

この、onちゃんお出迎えのイベントに間に合うように、8時29分の新幹線で名古屋を出ました。
一応開店の10分前には入り口の前に着いたものの、onちゃんを見れたのはほんの一瞬で。・゜゜(ノД`)

あとはお店の人のアテンドに従って、会場を目指すのですが…7階の会場に入るのに4階から階段に並ばされる盛況ぶり!
正直これには驚きました。
水曜どうでしょうのディレクターのサイン会・トークショーなどのメインイベントは昨日までに粗方終わってましたし、売り切れのグッズも限定品を中心に出ていたから。

約20分ほどかけて会場に到着すると、先に着いた人たちでごった返してえらいことになっておりました。
ずらりと並ぶDVD、フィギュア、onちゃんグッズ、どうでしょうグッズの数々!
物好きにはたまらない空間ですが、知らない人からしたら(何をこんなに盛り上がってるんだろう?)と、不思議に思うでしょうね。笑

わたしが手に入れたのは、

f:id:uzami:20170510191853j:plain

左上から時計回りに、onちゃんokちゃん焼き(おやき)、ぬいぐるみonちゃん、前掛け、クッションカバー、サイコロキャラメルonちゃんボールペン、です(///∇///)

ちなみに前掛けとクッションカバーは、自分で選んで買ったものではなく、ガラポンくじで当たったものです!
前掛けは金賞?特賞?なんかとにかくすごいやつらしく、鐘をチリンチリン鳴らされるわ、周りの人から拍手されるわで、なんだか恥ずかしかったです。笑

何が辛いって、当たった本人がいまいち喜びきれてないところですよね。
正直前掛けって何に使っていいか分からないし。
それならローソンでやってた水曜どうでしょう一番くじのA賞がほしかった。笑
みんなが羨んでくれればくれるほど、モヤモヤした思いは高まってゆくばかり。
最後はスタッフのお兄さんに「それ僕もほんとに欲しいやつなんですよ~!」とまで言われ(ニッコニコの笑顔で)、曖昧に笑みを浮かべるしかなかった。。

その後は、onちゃんオンステージをみて、ごはんを食べて帰ってきたわけですが、なんだろう、いわゆるライトなどうでしょうファン・HTBファンにはなかなか考えさせられる場だったな。
栗生のジャージを着てる人とか、ムンクさん持ってる人とか、司会のお姉さんの一言一言に「アッハッハ!」と爆笑する感じとか。
〔ここはわたしの居場所じゃない感〕が全力でわたしに押し寄せてきて、軽い船酔いのような気持ちの悪さを感じてしまった…

しかしまあ、めげずに一生どうでしょうしていこうと思います!
あーもっとどうでしょう友達がほしい。笑

メイドインチャイナ

どうでもいいけど

f:id:uzami:20170505183521p:plain

墜落は時間の問題だとおもう(不謹慎)

 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170505/k10010971551000.htmlより

あなたの知らない世界

自分ちの郵便番号を調べようと思って、Googleに自宅の住所を入れたのね。
そうすると、なんて言うんだっけ、他のユーザーがよくセットで検索してる言葉が勝手に出てくるじゃない?
目に飛び込んできた〔殺人〕の文字。
そりゃあもうびっくりしましたよ。
息が詰まりましたよ、おんなじ町内で殺人なんて、しかも2年前なんて思いっきりわたしもその頃から今のマンション住んでるし。

あまり詳しくは書けないけど、調べてみると親が子供に手をかけてしまったそうです。
ニュース映像のキャプチャがあったので開いてみると、一瞬でそこがどこだか分かりました。

わたしは今住んでいるところは比較的治安のいい場所だと思っていたので(夜中に「テメー殺すぞ」、「開けろって!!!」と叫ぶ若いお兄さんはなんかいますが)、正直かなりショックで。

しかも親が子供を殺害するというのが一層闇を深くしている。
なんだか、件のマンションの前を通るたびに、重苦しいような気になってしまうわけで。
「知らぬが仏」とはよく言ったものです。
それでもそこでずっと生活を続けている人がいるんだよなあと思うと、正直いい気持ちはしないだろうなあと勝手に想像してしまう。

ま、長い歴史の上で、人が誰ひとり死んでない土地を探すほうが難しい話だと思うけど。笑

パンが好きな26歳の女性

「パンが好きな26歳の女性」という言葉がテレビから発せられて、母と顔を見合せて、そのあとどちらからでもなく、お互いにプッと吹き出した。
「それって、」
「わたしのことじゃん!」

テレビが言っていたパンが好きな26歳の女性は、やまゆり園の事件で、殺害された被害者のことだった。
この事件で殺害された入所者の人たちは、名前が公表されていない。
年齢と性別と、好きだったものと、似顔絵を公開して、命の尊さをNHKの特設サイトで伝えているらしい。

一体この世の中にパンが好きな26歳の女性はどのくらいいるんだろう。
きっと物凄い数だ。
亡くなった女性にはたまたま障害があって、わたしにはなかった。
それだけのことだ。

それでもわたしは、なぜか彼女たちの死に、親身になれずにいる。
北島三郎のファンだったり、缶コーヒーを買うのが日課だったり、囲碁が好きだったりする彼や彼女らが、どこか遠い遠い外国の人のような感覚でしか捉えられない。
きっと家族に障害者がいたら、もっと親身にこの問題に向き合えるのだろうけど、実感のないわたしみたいな奴が、もっともらしいことを言っても、偽善にしかならないから。

きっとこんなことを言えば怒られる。
「冷たい奴だ」「差別的な奴だ」、と言われる。

それでも、模範的なことを言ってお茶を濁している人よりは、正直だし、真摯に向き合っているような気はする。

番組に寄せられたメッセージで、若い女の人が、「差別するつもりはないけど区別はしている」と、はっきり言い切っていた。
専門家の人は確か、それに対して「役に立たないとか、そういう考えが間違っている」というようなことを言っていた気がする。
価値のある人間かどうかという観点では役に立つとか立たないとか言うのはナンセンスだ。
でも、生産性があるかどうかという観点では?